• TOP
  • おすすめプラセンタ
  • プラセンタの基礎知識
  • プラセンタの効果

プラセンタ療法の歴史と現代について

今でこそ、当たり前のように美容のために積極的に一般的に用いられているプラセンタですが、その歴史はかなり古くからあったようで、ちょっとだけ、プラセンタの歴史について触れてみたいと思います。

実はプラセンタはもともと、治療の一環として西洋医学の父といわれる「ヒポクラテス」が地用に用いていたものなのだそうです。

ですが、近年になって「新しく発見された」かのように一般的に普及するようになったのは何故かとみてみると、中世以降、西洋医学でも忘れられた存在となり、1930年にソ連が研究をはじめて以降、再度普及していったという歴史があるのだそうですよ。

また、西洋医学と対をなす東洋医学においては、かねてより漢方薬として用いられてきていたそうです。
唐の時代から医学書に「人胞」や「胞衣」として記載されているのがプラセンタなのだそうです。
漢字でみるのと、横文字でみるのとではなんだか全く別のもののような印象を受けますね。
日本でも、加賀の三代秘薬の一つとしてプラセンタが配合されていたものがあったのだそうです。

もともと西洋医学で用いられていたプラセンタ(胎盤)は、どのように用いられていたのかというと、冷凍保存しておいた胎盤を患部の皮下に埋め込んで行う「埋没療法(組織療法)」というものなのだそうです。

埋め込まれた胎盤は約1カ月の期間を経て体内にとけて浸透していくということです。

今行われているプラセンタ療法は、注射などで胎盤から抽出したエキスだけを体内に入れることで、即時効果が得られる、しかも埋没するための切開なども必要のないローコストな手法として一般的に行われるようになったのだそうですよ。

こう歴史を紐解いていくと、最近になってぽっとでてきた成分ではないことがお分かり頂けるのではないかと思います。
新しいものは効くのかもしれないけど、副作用とかなにか悪影響がないか心配、という方にもご安心いただけるのではないでしょうか。

今は更に、冷凍保存した胎盤などではなく、胎盤から抽出した胎盤エキスを更に高熱処理を施すことでより安全性も高めたものになっているということですから、より安心していただけるのではないかと思います。

馬プラセンタサプリメント人気ランキング

Tp200

数ある馬プラセンタサプリメントの中で、ダントツの一番人気!

北海道産サラブレッドのプラセンタを原材料に、抽出した美容成分を一切の混ぜ物をせずに純度100%のまま濃縮。原液換算で8000mgものプラセンタが贅沢に使われています。

抽出されたプラセンタは吸収率を高めるために独自技術による低分子化処理が施されており、なんと約300分の1の細かさにされています。

詳細はこちら

馬プラセンタTp200の最大の特徴はやはり馬プラセンタ純度100%で作られている点でしょう。馬プラセンタを使用する美容サプリメントが増えてきていますが、多くの製品でコラーゲンやヒアルロン酸が配合されているため、プラセンタの実力を十分に感じることができません。

また、数少ない純度100%の他社製品と比べても、原液換算8000mgという量は群を抜いています。

美容、健康のために毎日口にするものですから、こうしたサプリメントでは原材料が気になりますが、Tp200はその点でも安心感があります。原材料となる馬プラセンタは北海道の契約農場で育てられた国産サラブレッドであり、これ以上は望めないほどに由来がはっきりしているといえるでしょう。

一番人気になるのも納得できる製品です。

プラセンタEX100

品質と価格のバランスが良いと人気のプラセンタEX100。プラセンタ成分をナノ化し、お肌が吸収しやすいサプリメントに仕上げています。

栄養機能食品としての消費者庁が定めた基準をクリアしており、モデルや有名人の愛用者も多い製品です。

詳細はこちら

プラセンタEX100の原材料も国産のサラブレッドです。産地は明示されていませんが、食肉用の馬ではないため、豊富な栄養素が含まれているそうです。

プラセンタEX100には、プラセンタ由来の成分の他に、赤ワインから抽出したポリフェノールや、フィッシュコラーゲン、カツオエラスチンなどの美容成分が配合されています。こうしてバランスよく栄養素を含んだことで、栄養機能食品としての基準を満たしました。

使用者アンケートによれば約90%が「実感できた」と回答をしており、満足度の高い製品です。価格も安く、長く続けやすいサプリメントではないでしょうか。

プラセンタの泉

「プラセンタの泉」は、馬プラセンタにこだわった商品。小じわや疲れ、イライラを鎮める効果もあると口コミで人気です。

中央アジアのキルギスで無農薬の牧草を食べ、のびのび育ったサラブレッドのプラセンタを原材料に使用しています。

詳細はこちら

プラセンタの泉の原材料の輸入元であるキルギス共和国は、遊牧民が多くもともと馬の名産地でした。それが近年になってプラセンタの美容・健康成分が注目されるようになったため、国を上げてプラセンタの生産に取り組んでいます。

キルギスは国土の40%が標高3,000メートルを超える高原であり、そこで育った馬は普段から低酸素環境で運動をしているため、非常に強く健康であるといわれています。人間のマラソン選手が行う高地トレーニングのようなものですね。

プラセンタの泉に含まれる成分は、そのキルギスの健康な優良馬が元になっているので、効果にも期待ができますね。

エイジングリペア

「エイジングリペア」の原材料もキルギス産の馬プラセンタです。キルギス政府・獣医師・牧場と緊密な協力のもと、安心できる高品質な原料のみを使用し、キルギス共和国大使から推薦状が送られたほど。

詳細はこちら

エイジングリペアにもキルギス産の馬プラセンタが使用されています。牝馬1頭から最大でも1年に1回しか取れないプラセンタは非常に貴重であるため、高品質なプラセンタを安定して確保することは難しいといわれています。

その点、エイジングリペアは現地と完全な協力体制を築いているため、量・質ともに安定して原材料の確保が可能になっており、製品の品質もそのおかげで高い水準が保たれています。

エイジングリペアには馬プラセンタの他に複数の美容成分が含まれています。美肌に作用するデルマタン硫酸やヒアルロン酸、コンドロイチンが配合されており、「美肌」にターゲット絞った美容サプリメントだといえるでしょう。

馬プラセンタ100

肌荒れや蕁麻疹に悩んだ女社長の想いから生まれた美容サプリメントです。

「馬プラセンタ100」もキルギス産。コストパフォーマンスでは一番という噂です。

詳細はこちら

馬プラセンタ100はキルギスのオーガニックな環境で育った馬プラセンタを、国内の工場で加工して作られている製品です。最近、海外の工場で作られた食品の安全管理が杜撰だとたびたび話題にのぼりますが、やはり最終加工が国内で行われるものは安心できますね。

定期購入のリピート率は90%を超えているそうで、利用者の満足度の高さが伺えます。価格も手頃なので、馬プラセンタが自分に合うか試したい人におすすめしたい製品です。

おすすめプラセンタ

プラセンタの基礎知識

プラセンタの効果